津軽藩の生活用水

富田の清水

 青森県弘前市紙漉町(平成28年11月9日 訪問)
IMG_2669_convert_20170704140146.jpg

IMG_2661_convert_20170704140224.jpg

 弘前市の中で津軽藩の城下町の趣きを今に残す「紙漉町」の町名は、この湧水で藩の御用紙を漉(す)いたことに由来すると言われています。
紙漉きの始まりは、貞享3年(1686年)頃に、弘前藩主であった津軽信政が和紙職人の熊谷吉兵衛を招き、吉兵衛が紙漉き法を伝える際にこの清水を利用したとのことで、湧水のあった土地の旧名が「富田村」であったことから、「富田の清水」と呼ばれるようになったそうである。

 昭和初期まで製紙に使用された後、今もなお生活用水として利用されています。

 弘前の市街地にその水屋があり、中に並ぶ6つの水槽は飲用から洗濯までそれぞれ用途が決められていたといい、お茶や料理に使うため地元の人々が日常的に汲みに訪れています。
IMG_2666_convert_20170704140250.jpg
 ※ 奥が飲み水

IMG_2667_convert_20170704141055.jpg

IMG_2663_convert_20170704141126.jpg
 ※ 奥が洗濯用水

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ