復興に全力を注いだ先人たちが残した大切な宝

四谷の千枚田

 愛知県新城市四谷(平成29年3月23日 訪問)

 鞍掛山の斜面に広がる山間集落に、約400年前開墾された美しい棚田が広がっています。
IMG_3448_convert_20170813164233.jpg

IMG_3443_convert_20170813164215.jpg


 幾重にも田んぼが積み重なってかってどこまでもびているかに思えるその景観は圧巻の絶景
 標高220~420mにかけて連なる石積みの棚田は、今でこそ約420枚となったが最盛期には1296枚の田を耕作しており、山の中腹からこんこんと湧き出る澄んだ水は、大雨が降っても濁ることはなく、美味しいお米を育んでいます。
IMG_3451_convert_20170813164255.jpg

IMG_3458_convert_20170813164310.jpg

IMG_3475_convert_20170813164345.jpg

IMG_3486_convert_20170813164402.jpg

 そんな四谷の千枚田にも悲しい歴史があり、明治37年の梅雨時の長雨と雨台風で鞍掛山に隣接する通称、貧乏山から山崩れ(山津波)が起こり、死者11名、家屋流失10戸という大惨事となり、山津波は人も家ものみ込み、沢に沿って約600メートル下方まで流れ出し、沢沿いの棚田はすべて崩壊してしまいました。
 先人たちはこの不幸にもめげず、近隣集落の暖かい支援のもとに鍬とモッコで棚田復興全力を注ぎ、わずか5年ほどで堅牢な石積みの棚田に蘇らせたと言います。
 
 この先人たちの血と汗の辛苦を耕作者や地域の人々は風化させることなく、先祖の残した偉大な財産を守り続けている。

 田んぼの中にあった珍しい小屋
IMG_3468_convert_20170813164325.jpg
 ※ ぼったり(水力により穀物を挽く道具)小屋

旅的途上

 只今、旅の途中。
 今回のミッションは長野県の棚田を制覇すること!
 今日は息抜きで白馬のジャンプ台を訪問した。
 長野五輪で原田選手が『フナキ~』と叫んだ感動の聖地を観て当時を思い出しまた涙した!
20170817205636460.jpg

 7日間の予定で旅しています。
 本当はバイクで来たかったのだけど、ギックリ腰になってしまって、ジムニーで一人旅。
 詳しくては、また後日報告いたします。

井伊の家臣が代々守った歴史のある棚田

久留女木の棚田

静岡県浜松市北区引佐町(平成29年3月23日 訪問)
IMG_3442_convert_20170812095545.jpg

IMG_3412_convert_20170812095313.jpg

IMG_3414_convert_20170812095337.jpg

 調べたところ、開発起源平安から室町時代とのことで、かなり大きな棚田であるけれど、全景を一望することができない。
 よって下から観る方が見栄えがいい。
IMG_3415_convert_20170812095354.jpg

IMG_3416_convert_20170812095411.jpg

IMG_3421_convert_20170812095428.jpg

IMG_3422_convert_20170812095445.jpg

 上の方耕作放棄された田んぼが多く、あまりミバがヨロシクないのであるが、久留女木の棚田の水源となる場所にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも登場した『竜宮小僧』がられている。
IMG_3430_convert_20170812095525.jpg
 ※ この木の下から水が湧き出している。

IMG_3429_convert_20170812095506.jpg

 「竜宮とつながっていた水源出口に竜宮から子供が迷ってきて、農作業の手伝いや子守をして村人から喜ばれていたが、村人がお礼に出した「蓼(タデ)汁」を飲んで死んでしまった。」と言う竜宮小僧伝説がマコトシヤカに語り継がれていて、ドラマのとおり、井伊家所領であり、その家臣の末裔が保存し続けたと言われる歴史のある棚田だ。


 追記
   多分であるが、ドラマの中で今川が検地した田んぼがココであろうと思う。


訪問者への気配りが感じられるだけに残念

北山の棚田

 静岡県沼津市戸田村(平成29年3月23日 訪問)

 修善寺へ山越えで抜ける県道沿いの新田地区にある。

 小さな棚田で歩いて一周してもたいした時間を要しない。
IMG_3316_convert_20170811204928.jpg

IMG_3308_convert_20170811204959.jpg

IMG_3311_convert_20170811205018.jpg

 棚田に至るまでは丁寧看板誘導してくれて辿り着きやすかったし、駐車場完備、田んぼも各段の石垣はとても整然としていてしい曲線を描いているのであるが、シーズンオフのせいかそれとも休耕が進んでいるのか、ゴミ目立ったのが残念

IMG_3312_convert_20170811205036.jpg

IMG_3313_convert_20170811205054.jpg

天に選ばれし名水の地

八ヶ岳南麓高原湧水群 (やつがたけなんろくこうげんゆうすいぐん)
 
 山梨県北杜市長坂町・小淵沢町(平成29年3月22日 訪問)
IMG_3289_convert_20170809225143.jpg

 八ヶ岳南方にある権現岳水源林の水や八ヶ岳南麓に降り注ぐ雨水が、地下水として火山岩を浸透し湧き出す湧水群で、大小で50以上ある湧水地の中でも有名なのは、「三分一湧水(さぶいちゆうすい)」、「大滝湧水(おおたきゆうすい)」、「女取湧水(めとりゆうすい)」の3つです。

三分一湧水
 下流の村々において湧水の利用をめぐって長年続いた水争いをおさめるため、均等に分配させようと武田信玄公の知恵で湧出口の分水枡三角石柱を築き、三方向に流水を分岐させたという伝説が残っています。
 現在残っているのは、湧出口の分水枡に三角木柱の利水施設が設けられた江戸時代のものが原型になっているとのことである。

水源
IMG_3284_convert_20170809225252.jpg

 水源からの水が三等分されているのがコチラ
IMG_3288_convert_20170809225315.jpg

IMG_3281_convert_20170809225341.jpg
 ※ 下流側 三角の石でウマく振り分けている。

IMG_3272_convert_20170809225359.jpg

IMG_3276_convert_20170809225422.jpg
 ※ あたりはジオパークのようになっている。

大滝湧水
 古くからの由来が残されている大滝神社にある湧水。
 武淳川別名(たけぬかわわけのみこと)がこの地を訪れた際に、清水の湧出を「農業のもと、国民の生命、肇国の基礎」と称賛し祭ったと伝えられており、井戸水が濁った時にはこの湧水を注入すれば清められるという言い伝えもある。
 江戸時代には甲府代官が民有地であった大滝湧水を買上げ、清水の保全を図ったそうである。
IMG_3258_convert_20170809225523.jpg

IMG_3255_convert_20170809225545.jpg

IMG_3256_convert_20170809225605.jpg

 名水でニジマス養殖されていた。
IMG_3243_convert_20170809225628.jpg

IMG_3247_convert_20170809225646.jpg

女取湧水は女取川の源であるが、バイクで辿り着けるような場所でなかったため、今回は訪問できなかった。

 次回ジムニーで訪問しようと計画中・・・

♪南アルプス天然水♪

白州・尾白川(はくしゅう・おじらがわ)
IMG_3214_convert_20170807144620.jpg

 山梨県北杜市白州町(平成29年3月22日 訪問)

 北杜市は長野県と境を接する山梨県最大の市です。
 白州・尾白川は、南アルプスの駒ケ岳源流としている河川で、いくつもの荘厳な滝やエメラルドに輝く美しい淵など、渓谷美が堪能できます。
す。
IMG_3233_convert_20170807144708.jpg
 ※ 橋の上から

IMG_3222_convert_20170807145635.jpg

IMG_3225_convert_20170807144652.jpg

 その尾白川の語源として、次のような言い伝えが残されています。
 「白州山中には、全体が白黒でシッポ真っ白神馬が住んでいました。
 その神馬の霊験は人の白黒(善悪)を明確にすることで、人界を律するといわれていました。
 そしてそのは霊験新たかな神馬む霊境として、尾白川と呼ばれるようになった。」とな…

 これは白馬伝説の書かれた駒ケ岳神社の案内看板
IMG_3210_convert_20170807144557.jpg

IMG_3208_convert_20170807144527.jpg
 ※ 天津速駒という馬らしい…

 近くにはサントリー南アルプスの天然水白州工場などもあり、ミネラルたっぷりの水が採れる場所です。

プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ