ガマダス熊本城

熊本城
 熊本県熊本市本丸 (平成28年9月30日訪問)

 昨年の大地震で無残な姿になっているのは分っていたが、訪れて被害きさに打ちひしがれた。

IMG_1156_convert_20170531082927.jpg

天守拡大
IMG_1152_convert_20170531094334.jpg

戌亥櫓
IMG_1146_convert_20170531094318.jpg

宇土櫓の南側 続櫓もぺっちゃんこに崩れている。
IMG_1138_convert_20170531094300.jpg

清正公も心なしか悲しそうだ。
IMG_1131_convert_20170531094243.jpg

 復興までどれだけかかるのか判らないけど、それまでの間は何らかの形で協力したいと強く思った。
 ガマダセ! ガマダス肥後もっこす

 ココかから先は、5年前に訪問した時の写真を紹介したい。

 平成23年7月23日の訪問であったが、到着が5時で駐車場がまだ開いておらず、行幸橋近くの路上に車を停めて、城の外周を見て回った。(一緒の家族は全員車内で寝たまま)

 先ずはココからの「清正公の像
貂・ュ」蜈ャ蜒愁SC_0465_convert_20170531094449

 清正公像から東側にず~っと長塀(国重文)が続く
髟キ蝪€DSC_0469_convert_20170531094542
 ※ 手前の坪井川が自然の堀となっている。 長塀は242mとか…

髟キ蝪€・亥・・縺瑚。悟ケク讖具シ吋SC_0460_convert_20170531094521
 ※ 奥に見える行幸橋の手前に清正公の像がある。

長塀が途切れると平御櫓が現れる
蟷ウ蠕。讚薙→荵晏キ槫クる崕DSC_0464_convert_20170531100341
 ※ 手前を九州市電が走る。

別角度平御櫓
蟷ウ蠕。讚泥SC_0458_convert_20170531100316

蟷ウ蠕。讚薙・鬆域虻蜿」髢€DSC_0455_convert_20170531094603
 ※ こちらは須戸口門と呼ばれている。

 ココから城に入れるがまだ開門されていないので更に外周をまわると、横井小楠他4名銅像を発見。
讓ェ莠募ー乗・縲€莉・蜷好SC_0452_convert_20170531094416
 ※ 横井小楠をめぐる維新群像

 他4名と失礼なことを言ったが、左から 坂本竜馬、勝海舟、横井小楠、松平春嶽、細川護久で、手前の顔だけのヤツ(6名)は省略しているが、写真のとおりだ。
DSC_0453_convert_20170531094210.jpg

維新の仲間たちの銅像の向こうには東十八間櫓が見える。
DSC_0451_convert_20170531094150.jpg
 ※ その手前は熊本大神宮

東十八間櫓
DSC_0449_convert_20170531094132.jpg

 北側に回り込んでみると、これに北十八間櫓と続いているのが見れる。
DSC_0447_convert_20170531094115.jpg

DSC_0445_convert_20170531094058.jpg
 ※ 全て現存で重文となる。 この石垣もたまらんね~

 更に北側に進むと、平櫓が現れ、城内に入れるようになるが、
DSC_0434_convert_20170531094023.jpg

 続くこの門は、不開門(あかずのもん)であり、北東の鬼門とされ扉は閉ざされていたそうだ。
DSC_0440_convert_20170531094040.jpg
 ※ 今は手前の料金所でお金を払えば入れる。(この世は金次第だ。)

 更に進むと、小天守が覗き見れる場所があり、その右手の石垣にはかつて櫨方三階櫓が鎮座していたそうだ。
DSC_0430_convert_20170531094000.jpg

 更に進むと、加藤神社の北側に位置する棒庵坂が現れる。
DSC_0428_convert_20170531093942.jpg

 下を見たらこうだ。(この城の特徴である井戸がイッパイ確認できる。)
DSC_0426_convert_20170531093915.jpg
 ※ 右手が加藤神社

 加藤神社を左に見て(南側に)進むと、宇土櫓が目の前に現れる。
DSC_0425_convert_20170531093858.jpg
 ※ 左に天守が見える。

DSC_0390_convert_20170531093618.jpg
 ※ 3層5階。 現存11櫓の一つ

DSC_0423_convert_20170531093838.jpg
 ※ 今、潰れてしまった続櫓がコチラだ。

 綺麗だ。

 宇土櫓の南側には頬当御門があるが、当然ここもまだ開いていない。
DSC_0394_convert_20170531093637.jpg

 また、棒庵坂の方に戻って、二ノ丸(西側)方面に進む。
坂を登り切り現れたのが、戌亥櫓
DSC_0376_convert_20170531093540.jpg

DSC_0382_convert_20170531093600.jpg
 ※ 天守・宇土櫓とのコラボ

 ココから本丸を左に見て二ノ丸公園を南側に歩いて行く。
DSC_0370_convert_20170531093515.jpg
 ※ 手前の堀は水があるが「空掘」と言われている。

DSC_0360_convert_20170531093452.jpg
 ※ 左が宇土櫓、中が小天守、右が大天守

 ちょうど朝日が昇ってきた。

 西大手御門から本丸に入る
DSC_0414_convert_20170531093822.jpg

DSC_0412_convert_20170531093806.jpg

 内(本丸)側>
DSC_0410_convert_20170531093749.jpg

 更に南大手御門をくぐって
DSC_0404_convert_20170531093734.jpg

DSC_0470_convert_20170531094228.jpg

DSC_0403_convert_20170531093718.jpg

 先ほどの頬当御門に出てくる。
DSC_0402_convert_20170531093657.jpg
 ※ 奥に見えるは大天守。

 時計を見れば、まだ6時なので開門までの間、車に戻ってひと眠りした。


 続きます。
 ※ 次は開門後にまわった城内をご紹介します。

スッキリ

 休みに作成した。

 こんな状態(届いたマンマ)で小屋(倉庫)に保管していたヘプコ&ベッカーのサイド・トップケース
P_20170527_091246_convert_20170529183918.jpg
 ※ 逆光で訳の判らん写真に…

 これをスッキリしたいと考えた。

 倉庫に余った材料も結構あるので、そちらもスッキリ二兎いかけて、コンパネ一枚のみ購入
P_20170519_153957_convert_20170529183858.jpg
 ※ 縦に真っ二つにしようと線入れたところ

 で、イキナリ完成
P_20170527_093105_HDR_convert_20170529183936.jpg
 ※ 没頭して写真撮れてない…

 小屋のデッドスペースにスッポリ入って満足
P_20170527_094334_convert_20170529183951.jpg

 ぁ~スッキリ


家族総出で漁に出る!

スッカリ忘れてた。

 GW最終日家族揃って三重県津市 御殿場浜まで潮干狩りに行っていたのだった。

 慌てて写真を整理する。

 今となってはレアな家族揃っての旅行であるが、上の子はやっぱり写真に映りたがらない。
P_20170507_081413_BF_convert_20170527161441.jpg
  ※でも、何やかんや言っても、フレームの中に納まっているから不思議だ。

 潮干狩りと言っても、獲物はマテガイ
 いてをするのだ。(上の子も前に行ったのが楽しくて今回ついてきたのか?)




 まだ時期が早いのか、思いのほかさなマテガイである。

 それに風が強く、結構寒かった…

 子供らも、最初の1時間程度で集中が切れて、違う遊びを始めている。
P_20170507_091200_convert_20170527161539.jpg

P_20170507_102223_convert_20170527161556.jpg
 ※ 兄弟仲良く遊ぶのを見るのが久しぶり…

 9時に開始し、2時間んで撤収。

 マテガイはその場にリリースした。
P_20170507_104553_LL_convert_20170527161622.jpg
 ※ 大きくなって帰ってこいよ!

 帰りに近くの「新玉亭」でに下鼓。
P_20170507_111507_LL_convert_20170527161647.jpg

P_20170507_120407_convert_20170527161734.jpg

 この新玉亭はウルトラメガ盛うな丼が有名だったのに、今はメニューからくなっているようだ。
img_16_convert_20170527161755.jpg

  残念

ニコイチだけに頑張ってほしい棚田

両合棚田
 IMG_1246_convert_20170518185350.jpg

大分県宇佐市院内町(平成28年9月30日 訪問)

両合川橋の下を流れる両合川をはさんで両側棚田があるが、休耕田が目立つ。
IMG_1249_convert_20170518185423.jpg

IMG_1309_convert_20170518185454.jpg

西側の棚田は休耕田が少ないが。
IMG_1313_convert_20170518185511.jpg

IMG_1248_convert_20170518185406.jpg

から南東にかけて休耕地がかなり目立った。
 ※ 先ほどの橋の右側

合わせて「両合」となるだけに、なんとか踏ん張ってもらいたいと正直思った。

ノンビリとした休日は給料日でした。

 明日の20日土曜日なので、今日給料日となることに目が覚めて気付いた。
 
 正直、税金やなんやで今月は苦しかった、我慢して、ツメをともすような思いで生活してきた。 
※ 少しオーバー…

 で、仕事も休みなので、何もかも忘れて、のんびりくまま行動することにした。

 学校に行く子供ら、仕事に行くさんを送り出して、そそくさとバイクに乗って、2つ隣町にある「珈琲館」で2時間、マッタリと過ごした。

 写真が無いので「コチラ」を参考にしてください。

 こちらの店は、飲み物を注文すれば、パンゆで卵食べ放題なので、10数個の卵を頂いた。

 でバイクに乗って奈良県大淀町に向かった。

 行き先はケーキ屋さんのラ・ペッシュ (La Peche)さん。(お店の紹介はコチラ
P_20170519_111426_convert_20170519131726.jpg

 家族にもヒモジイ思いをさせたので、ケーキでも奮発しようと決心したのだ。

 こちらの店はモンブラン有名なのだが、今はシーズンオフのようで、選択に迷って、ショートケーキは店のオネーちゃんに選んで貰った。

 でも、よく考えたらケーキなんて買ってしまったら、すぐに帰らないといけないことになってしまって、そのままの帰宅とあいなりました。
 ちゃんと計画して行動しないとダメっていうか、目前のことも見えない状態だ…

 まあ、いいか!と頭を切り替え、京奈和道を結構な勢いで帰る。

 …この時、ケーキを積んでいることなんて忘れている…

 帰ってから、少し心配になってケーキを見てみると、案の定ショートケーキのれていた…

 特にムース系のケーキなんてない状態になっている。
P_20170519_123511_convert_20170519131747.jpg

 ピンク色の半球状で綺麗なケーキだったのに…

 喜んで貰えるだろうか?

 たぶん、皆、なんやかんや言いながらも、美味しく食べるであろう・・・と楽観的。

 時計を見ると、まだ、12時を少し過ぎただけだ…

 あと、何しよう?

展望台に至るまでが大変な棚田

山浦早水(やまうらそうず)

 大分県玖珠町山浦早水(平成28年9月30日 訪問)

 山の中腹に全景を見下ろせる展望台が作られているが、歩いて登っていかなければならない。
 車はココの駐車場に停めないとならないが、バイクならある程度進入できる
IMG_1237_convert_20170518070642.jpg

 また棚田をぐるっと回れる道もあるが結構だから、ヒヤヒヤしながら走った。
IMG_1233_convert_20170518070625.jpg
 ※ 道は湿ってコケも生えている。

 方向変換できる場所はあるのか心配しながら、展望台の直近まで到着し、そこから結構な数の階段ってこの景色
IMG_1228_convert_20170518070402.jpg

IMG_1229_convert_20170518070550.jpg

 周囲を山に囲まれて、すり鉢状に棚田が造成され、そのすり鉢の集落があるような感じ。

 集落の中心にはお堂があり、横には湧水が流れ、洗い場になっていて、ココで農家のおばあちゃんが採ってきた野菜っていた。
IMG_1239_convert_20170518070700.jpg

美しいがチョッピリ臭う棚田

扇棚田

 熊本県阿蘇郡産山(うぶやま)(平成28年9月30日 訪問)

 大小合わせて17枚が等高線に従って、その名の通り扇状に広がっていることから、地元では扇田と呼ばれている。
IMG_1215_convert_20170515214925.jpg

IMG_1219_convert_20170515214949.jpg

IMG_1213_convert_20170515214910.jpg

IMG_1212_convert_20170515214855.jpg

 標高850mの高地に作られている棚田で、周囲で放牧がなされているが民家はどこにも見あたらない。 ※ お百姓さんの移動が大変だ

 300m上流にある山吹水源の清流をひいており、棚田が開かれたのは、今から約250年前とのことだ。
IMG_1204_convert_20170515214834.jpg

 放牧地ということで、大きなウ●チを踏みそうになることシバシバ。
IMG_1223_convert_20170515215005.jpg
 ※ これがまたビッグサイズだ!

 濃霧で残念な写真ばかりだが、晴天の日にはそれは素晴らしい景色が見られる場所だ。
謇・」夂伐・育伐讀榊燕・・760x569[1]_convert_20170515215023
 ※ ネットから借用

水神様に逢えずじまい…

池山水源(いけやますいげん)

 熊本県阿蘇郡産山村(平成28年9月30日 訪問)

 雄大な高原風景が広がる県道11号(やまなみハイウェイ)から脇道にそれること車で約10分、高原にある谷間の一角から湧き出る湧水。
 一帯は、樹齢200年以上といわれる巨木や樹木に囲まれ、湧水は玉来川となり大野川へ合流し、遠く別府湾へと注いでいます。
IMG_1185_convert_20170513163713.jpg

IMG_1186_convert_20170513163916.jpg

 つ超えて、林の中に向かう。
 案内看板が現れた其処は、ジャングルように木々が鬱蒼と生い茂っていた。
IMG_1187_convert_20170513164323.jpg

IMG_1188_convert_20170513164337.jpg

 めそうなのはココだろうか?
IMG_1189_convert_20170513164352.jpg

IMG_1190_convert_20170513164409.jpg

 良く見ればスミ渡るような水の透明度であった。
IMG_1195_convert_20170513164429.jpg

 この池の中央と対岸に水神様が祀られていると帰宅後に読んだ案内看板には書かれているが、全く気付かずにいた。
 次回、訪れた時には注意深く観察したいものだ。

 ちなみに駐車場には野菜無人販売所があり、
IMG_1184_convert_20170513163655.jpg

 たまたま出くわした農家のおばさんに、沢山の野菜頂戴した。
IMG_1201_convert_20170513164445.jpg
 ※ ヘチマじゃなくて地キュウリとのこと。

熊本 いや日の本一の彼岸花

番所棚田

 熊本県菊鹿町(平成28年9月30日 訪問)

IMG_1163_convert_20170512170300.jpg

 菊鹿町の町花は、彼岸花であり、特に番所棚田の彼岸花は見事で、黄色の稲穂に映えて美しいと有名だから期待に胸ふくらませ訪問したが、時期かったようで、もう下火になっていた。
IMG_1162_convert_20170512170242.jpg

IMG_1165_convert_20170512170316.jpg

IMG_1172_convert_20170512170349.jpg

IMG_1166_convert_20170512170330.jpg
 ※ 萎れている…

 シーズン中には、カメラマンはもとより観光バスもやって来るそうであるだけに残念だった

 石積みによって区割りされた棚田が緩やかな傾斜地に作られている。

終わりよければ・・・

 バイク屋さんからの連絡を受け、ヘプコのステー(サイドキャリアとトップキャリア)の取り付けをしてもらった。

 帰宅後の写真
IMG_3564_convert_20170511131350.jpg

ヘプコの良いところは、六角レンチ一つで1分もかからないうちにサイドキャリアが外せるところ…
IMG_3569_convert_20170511131503.jpg
 ※ ロックイットシステムと言うらしい。

 3ヶ所を約90度回せば

あら簡単
IMG_3570_convert_20170511131537.jpg

 外せちゃうのだ

 それはそうと、サイドトップケース装着してみる
IMG_3565_convert_20170511131419.jpg

IMG_3566_convert_20170511131442.jpg

 これでタンデムツーリングもしくなるのでは?

 でも、最後問題

 トップキャリアの取外しにはかなりの手間がかかるので、付けっぱにしておきたいが、この状態ではサイクルドームに入らないことが判明。
P_20170420_121318_convert_20170511131555.jpg

P_20170420_121326_convert_20170511131635.jpg

 もうワンサイズ大きなサイクルドームもあるが、只でさえ「邪魔モノ」扱いされているのに、更に大きなモノにする勇気なんて私にあろう筈もない。

 どうしよう?

 も~ヤケクソでサイクルドームを思いっきり引ぱってやったら、全体的に上手くんだのか「スッポリ」と納まった。
P_20170420_121409_convert_20170511131659.jpg

 メデタシメデタシ

現存最古上水道の源

轟水源(とどろきすいげん)

 熊本県宇土市宮庄町(平成28年9月29日 訪問)

 轟水源は日本に現存する最古(300年以上前)の上水道へ水を供給していることでも有名です。
IMG_1119_convert_20170509133829.jpg

IMG_1122_convert_20170509133845.jpg
 ※ 大雨のせいで 湧水より雨水を飲んだ感が強い…

 その上水道は轟泉水道(ごうせんすいどう)と呼ばれ、江戸時代につくられたもので、現在も使用されています。
IMG_1117_convert_20170509133807.jpg

 この轟泉水道は、細川支藩二代細川行孝公が宇土に入部後、この場所を水源として4.8kmの市街地まで上水道を作ったのが始まりで、当時水道は陶管であったが、明和の頃、六代細川興文公の時に現在の樋管(馬門石)に変えられているとか。

看板が無くてもこの棚田は迷わない

峰棚田

 熊本県山都町島木(平成28年9月29日 訪問)

 国道445号線から県道152号線に入り約4km、中島南部小学校前を右折して500mくらい坂を登った所にある。
 この棚田も案内標識が無く見つけにくいが、見渡す限りんぼでくされているので間違いはないだろう。
 それに雨宿りに(勝手に)使用させてもらった農機具倉庫にもキッチリ「」と書かれている。
IMG_1099_convert_20170505210939.jpg

 激しい雨の中カッパを着ていてもズブ濡れになったが、どこから写真を撮っても素晴らしく長居してしまった。
IMG_1101_convert_20170505211001.jpg

IMG_1104_convert_20170505211019.jpg

IMG_1109_convert_20170505211040.jpg

IMG_1111_convert_20170505211058.jpg

 大雨のせいで道が川のように流れていた。
IMG_1097_convert_20170505211116.jpg

 天気なら、さぞ絶景であったろうに…

ココでいいのか? 菅迫田

菅迫田(すげさこだ)
 熊本県山都町(平成28年9月29日 訪問)

 菅迫田の棚田は、県道153号線の上菅バス停付近に「すげ」と書かれた看板を見つけたので、この付近の棚田がそうなのだろうと決め付けた。
IMG_1077_convert_20170504173622.jpg

 どこにあるのか判らない棚田が続く。
 
 これだけ続くと、結構、疲弊してくる。
IMG_1080_convert_20170504173647.jpg

IMG_1084_convert_20170504173704.jpg

IMG_1088_convert_20170504173721.jpg

IMG_1089_convert_20170504173738.jpg

IMG_1090_convert_20170504173755.jpg

 確かこの辺は過去に、石橋(通潤橋・霊台橋)巡りで訪れた(コチラ)様な気がする。
 なんだか見覚えのある道だった。

これまた見つけられない宮崎県の棚田

日蔭(ひぞえ)

 宮崎県五ヶ瀬町(平成28年9月29日 訪問)

 これまたいにって到着した棚田。

 「到着」と言っても、ここであっているのか自信い。
 祇園山を背にした丁子という集落にある棚田であるそうだが、「丁子」が読めずに、結構な人に訊いたが「判らない」とのことで、ほぼ独断ココとした。
 でも、集落内に入ってしまうと思いの外に棚田を観るいいスポットがない。

残念
IMG_1074_convert_20170503182121.jpg

IMG_1076_convert_20170503182143.jpg
 ※ 対岸から撮影したらもっといい感じだったかも…

 祇園山からの豊富な湧水が集められ、下の棚田に水が供給されている。

 ここの湧水は宮崎県名水として指定されいて「四億年の雫」として販売されているそうだけど、名水100選には選ばれていないので訪れなかった。

これまた辿り着きにくい棚田 

下の原(しものはる)の棚田

 宮崎県五ヶ瀬町(平成28年9月29日訪問)

 鳥の巣の棚田から国道503をさらに3kmほど南下した坂本バス停付近から東へ、内の口川沿いに町道を1kmほど行くとある。
 内の口という集落にあるが、住宅がある場所からは離れた場所にあり、標識案内ないため、これまた地元の人に訊きまくらないと辿り着くのは困難。
 宮崎県には案内看板等でそのへんの改善を切においしたい。
IMG_1062_convert_20170501170058.jpg

IMG_1064_convert_20170501170116.jpg

IMG_1069_convert_20170501170133.jpg

IMG_1070_convert_20170501170150.jpg

 内の口集落の人でさえ「棚田100選?」てな具合で知らない人も多数。
 
 集落は狭いが、パッと開けた場所に変身する感じで五ヶ瀬の中でも最大級の棚田が広がるの印象に残った。

チョット残念な棚田100選

鳥の巣

 宮崎県五ヶ瀬町(平成28年9月29日訪問)

 下調べでは「国道503を2kmほど南下した宮の原のバス停付近から県道を東へ入った辺り・・・」とのことであるが、いっこうに判らない

判かりづらい」ってなもんでない!

 それもそのはず、今は「鳥の巣」という地名集落なく、地元の人に訊きまくってようやくの到着だ。
IMG_1050_convert_20170501163353.jpg

IMG_1052_convert_20170501163435.jpg

 棚田はきれいな三日月の曲線がしいんぼが段々に作られているが、耕作放棄目立ち、上の写真の場所以外は見れる場所が無い。
IMG_1053_convert_20170501163454.jpg

 くにもっとミバい棚田があるだけに、チョット残念な棚田100選であった。
プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ