2度目の九州の旅(その5の2)

いよいよ最終回となりましたが、5日目きです。

阿蘇を後にして、時間の許す限り大分方面の名水、棚田を周ろうと都度都度、地図を広げて回ることにしたのだけども、危うく阿蘇郡にあるこの名水を見落とすところだった。

池山水源
IMG_1184_convert_20161028180458.jpg

IMG_1192_convert_20161028180556.jpg

IMG_1195_convert_20161028180640.jpg

 次に行く場所をさがしていたところ、農家バーさんが話しかけてきて、「バイクのような危ない乗り物・・・」といきなり説教が始まったと思ったら、「これってれ!」とバッグにイッパイ野菜を詰めてくれた。
IMG_1201_convert_20161028180740.jpg
 ※ ヘチマじゃなくって、「地キュウリ」とのことだ。

 いけど、ありがたいこっちゃ!

で、次なるは棚田100選の

(棚)を訪問(これも熊本県産山村だけど忘れるところだった。)
IMG_1204_convert_20161028180821.jpg

IMG_1214_convert_20161028180916.jpg
 ※ モヤっていて視界不良だ!

 これで熊本県とお別れとなり、大分県に入って最初の訪問は、棚田100選

山浦早水(玖珠町山浦早水くすまちそうず)
IMG_1225_convert_20161028180953.jpg
 ※ 高台の展望台から

IMG_1229_convert_20161028181029.jpg
 ※ ひいてバイクと一緒に

 かなり移動に時間を要し、この時点で14時30分、もう余裕がないのだが、欲張ってあと1カ所と訪問したのがココ。

両合棚田(院内町)
IMG_1246_convert_20161028181215.jpg

 ここは両合川をはさんで側に棚田がある。
IMG_1309_convert_20161028181333.jpg
 ※ 橋の名は「両合川橋」 そのまんまだ

 上から写真が撮れれば素晴らしい景色なんだろうが、判り辛く残念な写真しかない。

 この時点で15時30分、高速をぶっ飛ばして新門司港着が16時40分(ギリギリ)、トラブルなく到着できて良かった…

 フェリーに乗り込み、からめる。
IMG_1316_convert_20161028181406.jpg

 よく見ると、フェリー会社たちが表に出てってくれていた。
IMG_1314_convert_20161028181444.jpg

 前回は気付かなかったが、「名門大洋フェリー」、った!

 九州の名城、棚田、名水 残すは南の方だけなんだけど、次回もこのフェリーで訪問したいと思います。

 ありがとう九州、天候は残念だったけど、また懲りずにってくるね!

で、翌日、南港(5時30分)に到着し、そのままお仕事に出勤したのでした。



 おしまい。ながらくお付き合いいただきアリガトウございました。

今回は職場の皆と

久しぶりに職場の皆とツーリングに行ってきました。

大台ケ原に紅葉を!の提案に3名が集まってくれたのですが、天気予報は午後から(15ぐらいから?)60パーセントの雨模様
 昨年も行ったが、紅葉の時期を逸していたので再チャレンジと思ったのだが・・・

加えて非公式ながら日本一年間降雨量を誇る大台ケ原、目的地の変更を余儀なくされてモーニングを食べながら行き先を協議

結果、早めに切り上げ雨を避けるということで、

あらぎ島
IMG_1364_convert_20161027065334.jpg



龍神スカイラインを走り、前にも紹介させて頂いた

ゆず夢カフェへ行きました。
IMG_1374_convert_20161027065401.jpg


ちなみに今度はピザをいただきました。(美味かった)
DSC_0324_convert_20161027065845.jpg
 ※ 皆は去年私が食べたポークジンジャーカレー

16時に帰宅しましたが帰るなりの降雨。

私一人で行ったら、絶対、雨でビショビショになっていたであろう。

今年も大台ケ原の紅葉は見損なったけど、来年、また行こう!

2度目の九州の旅(その5)

5日目(9月30日 最終日)

 カプセルホテルでましたところ、残念ながらまだっているようだ。

 でも、から回復傾向とのことで、最後の最後に期待をかけて、阿蘇方面目指すことにした。

 その前に、ホテルから歩いて行ける距離にあった熊本城に立ち寄る。

 思っていたより深刻ダメージ
IMG_1155_convert_20161025220939.jpg

IMG_1146_convert_20161025221004.jpg

 大好きな清正公(セイショウコ)さんの像の前でけてきそうになった。
IMG_1134_convert_20161025221209.jpg
 
 でも、全国からボランティアの方がまっているようで、
IMG_1160_convert_20161025221232.jpg
 ※ まだ、時間が早いが、このテントにどれだけの人が集まるのだろう?

 復興期待されます。また、自分にできる何らかの協力も見つけたいと思っています。

がまだせ! 肥後もっこす。 
 ※ 島原の人に「頑張れ」と言う意味と教えてもらった。

 この後、3日目に時間切れで行けなかった場所である、

番所の棚田に立ち寄る。
IMG_1161_convert_20161025221256.jpg

 「番所の彼岸花」として有名な場所であるので、さぞかし綺麗だろうと彼岸花を求めてやってきたが、時期していたようだ。
IMG_1166_convert_20161025221318.jpg

 さて、いよいよ阿蘇に向かって大パノラマの中をツーリングと期待にらませやってきたのが大観峯…

 でも、霧の中で何にも見えない
IMG_1181_convert_20161025221346.jpg

 そんな中、「にーちゃんバイクと一緒に写真撮ってあげようか?私もバイク乗りや!」と初老オジサンに声をかけて頂き、ご厚意に甘える。
IMG_1183_convert_20161025221408.jpg
 ※ 見よ 疲れ果てたオヤジの姿を!

 やっぱり、何も見えない!

 この後、ミルクロードを走ったが、本当にミルクっているように目の前がまっ白だった。

 残念だったが、阿蘇での爽快ツーリングめて、帰路に向かうためフェリーの出発時(17時)まで新門司港に向かいながら寄れる場所を探り探り訪問することにしたのでした。


 続きます。

2度目の九州の旅(その4の2)

4日目つづき

 高千穂を後にし西む、目指すは五ヶ瀬町にある棚田100選の三ヶ所

 訪問順に

 鳥の巣(五ヶ瀬町三ヶ所鳥の巣)
 IMG_1050_convert_20161022174048.jpg
  ※ 綺麗な三日月形なんだけど… 

IMG_1053_convert_20161022174113.jpg
  ※ 休耕地が多くて残念。。

 下の原(五ヶ瀬町三ヶ所日蔭)
  注)「しものはる」と読む…地名は難しい

IMG_1068_convert_20161022174135.jpg
 ※ 棚田らしい写真を撮るスポットが無い…

 日蔭(五ヶ瀬町鞍岡下長司)
  注)「ひぞえ」と読む…ココまでくれば誰が読めよう!
 IMG_1073_convert_20161022174200.jpg
 
 正直、この三ヶ所は古い地名なのか、地元の人でも判らないような状態で、すのにとても苦労した。(前にも書いたが宮崎県に何とかしてほしい!)
 あと、りにもっと見栄えのする棚田があるのだが、「なぜ、この地域が選ばれるの?」と思われるような棚田であった(あくまで私感 ご免なさい)

 以上で、宮崎県に対する愚痴は終わりにして、更なる西進(R218)を続け熊本県に戻ってきた。

…で訪れたのが、山都町にある棚田2カ所

菅棚田(すげたなだ)
IMG_1079_convert_20161022174224.jpg

IMG_1090_convert_20161022175017.jpg

 と

 峰棚田(みねたなだ)
IMG_1102_convert_20161022174250.jpg

IMG_1110_convert_20161022174312.jpg

IMG_1111_convert_20161022174333.jpg

 であるが、この峰棚田に着くや否やまたもやビー玉級大雨で、農業倉庫一時避難させて頂いた。
IMG_1099_convert_20161022174358.jpg

 小降りになっても、巡るヌカルミの連続で、神経をすり減らす…
IMG_1112_convert_20161022174439.jpg
 ※ 正直、違うバイクが欲しくなった。

 山都町を後にして、またR218を西進宇土市に入る。

そこで訪問したのが名水

轟水源(長崎県の轟渓流とややこしいが…)
IMG_1114_convert_20161022174502.jpg

 また、どえらいが降ってきて、
IMG_1120_convert_20161022174528.jpg

 飲んだ水は「はたして名水なのか?なのか?」の状態である。
IMG_1122_convert_20161022174553.jpg
 ※ ココが水汲み場

 この轟水源の東側には、宇土城跡があって訪問したのだけれど、こんもりしたとしか思えず、大雨のもとスゴスゴ退却したのでした。

 本当はこの後、八代方面まで行きたかったのだけど、時間的にも厳しく、明日、「ひょっとしたら天気回復するかも?」みたいな予報であって、阿蘇に少しでも近づきなら「天草方面」、れなら「阿蘇で気分爽快のツーリング」の両睨みで熊本市内での宿(カプセル)としたのでした。


続きます。

2度目の九州の旅(その4)

4日目(9月29日)

 起床(6時)後、荷物をまとめて出発

 行き先は、ペンションからほど近い白川水源(2km程)
IMG_0982_convert_20161020162804.jpg
 ※ 今日も雨だ…

 そこから高千穂方面に向かう
IMG_0997_convert_20161020162834.jpg
 ※ 高千穂といえば、神話の舞台だ。

 途中、ったりんだやんだりでストレスが溜まるが、道すがらプチ雲海を発見。
IMG_0992_convert_20161020162901.jpg

IMG_0996_convert_20161020162923.jpg
 ※ 秋に来たら綺麗だろうな~

 高千穂に入り棚田を訪問するが、宮崎県が全てかどうかは知らないけれど、棚田100選どころか道案内看板すらないのだ。
 よってナビに案内されるままそれらしき場所に到着するが、地元の人くと違う名称で呼ばれていることが多かったので、場所の特定にかなりの時間を要した。
(決定しきれない場所は、「ココだ!」と決め付けた。)
 ※ 宮崎県には何とかしてほしいものだ…

 愚痴はこの程度にして、訪問順棚田を紹介させて頂くことにする。

栃又(とちまた)
IMG_0999_convert_20161020162945.jpg

IMG_1007_convert_20161020163005.jpg

IMG_1009_convert_20161020163025.jpg

尾戸の口(おとのぐち)
IMG_1004_convert_20161020163045.jpg

IMG_1012_convert_20161020163104.jpg

 また、横道に逸れるが、途中に走った青雲橋大アーチをご紹介…
IMG_1020_convert_20161020163130.jpg
 ※ この時はビックリするくらい急に晴れた。(この時だけ)

石垣の村(村全体が石造りの珍しい場所)
IMG_1024_convert_20161020163341.jpg

IMG_1031_convert_20161020163405.jpg

IMG_1034_convert_20161020163429.jpg

徳別当(とくべっとう)の棚田
 IMG_1041_convert_20161020163502.jpg
 ※ ここは有名な真名井の滝の近くだ。

IMG_1037_convert_20161020163531.jpg

 をさしての写真撮影大変だ…


 続きます。

R12C タイヤ交換

タイヤ交換に行ってきました。

九州で大雨の中、棚田巡りをしていたところ、スベってんだので…
 ※ 詳しい話は思い出したくもないので省略です。

 まったく気にしてなかったが、よくこんな状態で乗っていたものだと思う。
IMG_1326_convert_20161019084415.jpg

 ディーラーに電話で確認すると、前後交換で千円ぐらいと簡単に言いよった…

 給料日前なので、「ワシにはいんじゃ!」と力説したところ、

 「それならココねたら」と教えてくれた。

 それが藤原タイヤセンター(大阪府富田林市)
IMG_1330_convert_20161019084523.jpg

 結果。

これ
IMG_1326_convert_20161019084443.jpg

これ
IMG_1337_convert_20161019084606.jpg

これ
IMG_1328_convert_20161019084502.jpg

これ
IMG_1334_convert_20161019084546.jpg

でもって、御会計が35千円也!

安いで

 調子に乗ってジムニーステップワゴン(スタッドレス)の交換見積もりをもらい、鼻歌まじりの上機嫌で帰ったのでした。

…んが、カード決済が出来なかったので、給料日まであと二日にもできませ~ん。

2度目の九州の旅(その3の2)

3日目の続き

島原城を後にして、次に向かったのは名水100選
轟峡・轟渓流
IMG_0879_convert_20161016160109.jpg

IMG_0877_convert_20161016160457.jpg

 この地は佐賀県との県境に近く、途中、ショートカット目的で諫早湾横断する「潮受堤防」を走り、その風景を動画撮影したのだけれど、大雨で画像が確認できない状態であったことが残念だ。(傍らに咲く彼岸花の赤い帯に平行して走るのが心地よかった。)

 続いて北上し、これまた佐賀県(嬉野)との県境に近い波佐見町(はさみちょう)の
鬼木の棚田
IMG_0923_convert_20161016160522.jpg

IMG_0910_convert_20161016160545.jpg

IMG_0906_convert_20161016160614.jpg
 ※ カカシ祭り実施中!



 またまた佐賀県(有田)との県境に近い虚空蔵山麓にある川棚町の
日向の棚田
IMG_0973_convert_20161016160644.jpg

IMG_0964_convert_20161016160714.jpg

を訪れた。

 大雨警報が発令され、ビー玉(かなり盛った)ぐらいのが降る中、ヘコんで宿を探しかけたけど、あきらめずにいたら、幸せなことに写真を撮るときだけは雨がんでくれた。

 これで長崎は全ての目的地(棚田・名水・名城)をクリア

 この勢いで熊本県突入し、最初の棚田を目指すも、日没、時間切れで諦め後日に回すこととし、宿を前日同様(じゃらん)に検索し、南阿蘇にあるペンション「ノア」さんに宿泊したのでした。
IMG_0975_convert_20161016160740.jpg
 ※ 翌日撮影したもの。

 阿蘇では地震のため「通行止」がいたる所であるものの、ナビには反映されてなくって、いにって到着が22時になる。

 それでも優しく出迎えてくれ、ビショビショの服や靴を乾かしてくれた優しいオーナーさんに感謝感謝だ!(靴なんか蒸れて鼻が曲がるくらい臭かったのに…)



 続きます。

2度目の九州の旅(その3)

3日目(9月28日)
 ※ もう、めでたくもないが、この日51歳となる…

 ホテルで朝食をとりながら、この日訪ねようと思っている島原方面の地図とニラメッコする。

 雨の中7時に出発し、海沿いに走行、途中にある棚田100選2カ所を訪問した。

清水棚田(雲仙市)
IMG_0734_convert_20161011093045.jpg

IMG_0730_convert_20161011093112.jpg

谷水の棚田(南島原市)
IMG_0738_convert_20161011093138.jpg

IMG_0742_convert_20161011093207.jpg

 ここから島原市目指す。

 ず~と雲仙普賢岳を回り込むように走るのだけど、に入って全く見えない。

島原市に入って、先ずは島原湧水群を見て回る。
IMG_0756_convert_20161011094137.jpg

IMG_0763_convert_20161011094159.jpg

 続いて、「島原の乱」の舞台となった

島原城を訪れる
IMG_0768_convert_20161011094230.jpg

IMG_0861_convert_20161011094256.jpg

 このお城、ビックリなのが天守閣駐車場があることだ。
IMG_0842_convert_20161011094321.jpg

 シッカリ見て回ったが、まだ12時前

 今日は島原に泊まろうと思ったけど、今日中に熊本まで進出しようと慌てて地図げたのでした。


 続きます。

2度目の九州の旅(その2の2)

前回(2日目)の続きです。

平和(原爆)公園を訪ね、
IMG_0610_convert_20161008181534.jpg
 ※ 修学旅行生でイッパイ。

原爆資料館でお勉強
IMG_0611_convert_20161008181620.jpg

 この悲惨な状況は全ての人るべきだと思う。
 笑って過ごせることの大切さを知る。

 この公園内には有名な平和祈念像がありますが、
IMG_0605_convert_20161008181646.jpg


 結構、「ノッペリ」した顔だったんだと改めて知る。
IMG_0607_convert_20161008181711.jpg

 公園にバイクを置いたまま、お隣の浦上天主堂を訪ねる。
IMG_0600_convert_20161008182524.jpg
 ※ ここにも修学旅行生が…

 この時点で15時、きょうは長崎市で宿泊を決定し、じゃらんで「本日の宿」を探す。

 思ったより簡単に見つかる。
 コンフォートホテル長崎に決定!


 チェックインし荷物を預け、身軽になって残りの時間を観光することにした。

先ずは、大浦天主堂
IMG_0644_convert_20161008181737.jpg

IMG_0646_convert_20161008181924.jpg
 ※ 隣のグラバー園は駆け足なのでパス。

続いて、オランダ坂
IMG_0658_convert_20161008181806.jpg

更に続いて、めがね橋
IMG_0663_convert_20161008182024.jpg

IMG_0675_convert_20161008182047.jpg

そして、シーボルト邸跡を訪れたが、
IMG_0687_convert_20161008182118.jpg

隣のシーボルト記念館タイムアップとなってしまった。
IMG_0696_convert_20161008182144.jpg

IMG_0699_convert_20161008182231.jpg

 17時を過ぎて、ってきたので一度宿る。

 シャワーを浴びて、降る雨の中、こうかった挙句、最後大満足したのが、

1000000ドル夜景
IMG_0715_convert_20161008182257.jpg

R12C一緒に…
IMG_0726_convert_20161008182320.jpg

 なんやかんやとバタバタした1日で、この後ぐっすりと就寝。


 3日目に続きます・・・

2度目の九州の旅(その2)

2日目(9月27日)

 フェリを降りて先ず向ったのが、長崎県棚田の一つである

土谷(どや)棚田
IMG_0380_convert_20161004174743.jpg

IMG_0381_convert_20161004174814.jpg

IMG_0386_convert_20161004174845.jpg
 
玄界灘に沈む夕日が映えると綺麗のだが、訪れたのは午前8時であった。

 玄界灘と言えば、前回訪れた佐賀県の「大浦の棚田」も玄界灘に面していたので、調べてみると、かなりいことが判明した。(その時に寄っておけばと少し後悔)

続いて玄界灘を回り込むように唐津街道を走り、平戸大橋を渡り・・・・で、たどり着いたのが

平戸城
IMG_0440_convert_20161004174908.jpg

そこからまた、平戸大橋を渡って南下し、すぐにあったのが

田平教会(天主堂)
IMG_0559_convert_20161004174932.jpg
 ※ ツーリングマップルで「必見!」と書かれてたので…


続いて南下し、佐世保をスルーして長崎市に入り、山奥に入って到着したのが、

大中尾(おおなかお)棚田
IMG_0570_convert_20161004175009.jpg

IMG_0575_convert_20161004175035.jpg

IMG_0583_convert_20161004175058.jpg
 ※ 彼岸花で縁どられて綺麗だった。
 

 2日目はまだあるのだけれど、(写真の整理ができないので)次回に続きます。

2度目の九州の旅(その1)

1日目(9月26日)

 フェリーに乗船し、翌日新門司港に着予定であるが、今日乗船するバイクは私のR12Cと若いお兄ちゃんのスクーター2台だけだった。
IMG_0367_convert_20161004084923.jpg

 乗船し、17時の出発までに風呂に入ってステテコ姿の身軽なオヤジ変身する。

 やはり2度目となると勝手が判り、とてもリラックスできている。(到着は明日の5時30分なので時間はタップリある。)

 さらに出発しオープンしたレストラン内で2日目以降の予定を考える(宿も予約していないのだ)。

 前にも紹介させていただいたと思うが、この名門大洋フェリーのレストランはバイキング料理しかなく、時間制限いのでゆったりとした時間を過ごせる。
IMG_0369_convert_20161004084957.jpg
 ※ 明石大橋がチョットだけ見えている。

 今回、焼酎を飲みながら「大人の時間」を過ごしたが、元々、おは「とりあえず長崎に行こう!」としか予定を立てることができず、「ステテコ親爺」から「ヨッパライのステテコ親爺」に進化しただけであった。

 でも、とてもいい気分九州かったのでした。

またまた(雨の中)行ってまいりました

 また、フェリーに乗って九州に行ってまいりました。(9月26日から10月1日まで)

 今回は、長崎熊本方面を主に回って来ましたが、前回に引き続き雨の日が続くのでした。

 しかも、今回は前日までの予報は大丈夫そうだったのに、台風の影響で大雨警報まで出る始末・・・



チョット多忙(言い訳)のため、まだ写真の整理が間に合いませんが、少しずつでもアップしていきますのでしおちを~
プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ