給水器をつくる

 今日、時間があったのでニワトリの給水器をつくってみた。

 ニワトリには、こんな入れ物で水をあげていたのだが、
DSCF8841_convert_20140630121218.jpg
 ※ もともと、ここにはコジャレたケーキが乗っかかていたと思う・・・

 うちのニワトリは、お利口さんだから、この入れ物に平気でウ●チなんてしてしまう。
 だから、囲いをつくって頭しか入らないようにしてやろうと考えたが、もうひと工夫して自動給水式とするためにこんなものを用意した。
DSCF8843_convert_20140630121348.jpg
 ※ イレクターパイプのジョイントに切り込みを入れた。

 ここにペットボトルを差し込み、切り込みからサイフォン効果で水がちょうど入れ物イッパイまで出ることを確認 ヨシッ
DSCF8842_convert_20140630121540.jpg

 っでもって、これを囲む木をカット。
DSCF8848_convert_20140630121653.jpg
 ※ 三角形の窓から頭を入れて水を飲むイメージ、4面造ったが掃除を考え3面のみ使用した。

 組み立てて出来上がり!
DSCF8853_convert_20140630121804.jpg

 モチロン廃材で作成したものだが、今度はエサ入れも自動で出てくるように造ろうと思っている。

 ニワトリも結構大きく成長してきたでしょう!
DSCF8854_convert_20140630121908.jpg

 傍らで育てていたキュウリに初めての収穫を発見した
DSCF8860_convert_20140630122010.jpg
 ※ 塩で揉んで、旭ポンズ(←これがイチバン)で美味しく頂きました。
 
 さてさて、タマゴはいつ頂けることやら?

決して一人で行ってはならない店

 今日は休みで目覚めて朝食を・・・と思ったら食べるもんがもなかった・・・・
 ここ数日ケンカしてるからだ・・・

 シャーなしにR12Cでひとっ走りし、朝食をと
DSCF8835_convert_20140624151008.jpg

 家から南に海岸沿いを、気持ちよく1時間弱かけて(午前9時半に)到着したのが、

 和歌山市加太にある淡島神社鳥居
DSCF8827_convert_20140624150907.jpg

・・・のふもとにある
DSCF8825_convert_20140624150812.jpg

 さらにアップで~ン

満幸(まんこう)商店だ~
DSCF8823_convert_20140624150718.jpg

 店の前には、新鮮な魚介類イッパイ
DSCF8822_convert_20140624150624.jpg

 店の中は、過去に来た取材陣のサインイッパイ
DSCF8807_convert_20140624145837.jpg

 ほんでもって私は有名なシラス丼ダブルで注文

 そこで店の人とこんなやり取りが・・・

「朝飯代わりに有名なシラス丼ダブルちょ~だい。」

店の人「あんた初めてやろ。絶対食べきれんからノーマルしとき。ダブルは3倍あるで(←計算が合わない)」

「腹減ってるし、食べれると思う。もし食べれんかったら、ラップにでもんでよ!」

店の人「シラスの持ち帰りはダメものやからネ。そやからノーマルのにしとき!」

この時点で私のプライドに火が点いた
「いやいや、折角、有名な大盛りシラス丼食べに来てんのに、食べさせてよ!」

店の人「私らも、にーちゃんのこと思もて言~てるねん!ノーマルにしとき!」

「もお、ええからダブルもって来て!絶対残せへんから!武士に二言はないわい!(←いつから武士に?)」

店の人ハイハイ判りましたよ(観念した様だ)・・・」

 先ず、タレがヤッテ来た。
DSCF8808_convert_20140624145957.jpg
 ※ 紀州梅が二つ入っていて、甘辛く何とも言えない旨さ

 そして問題のシラス丼(ダブル)が

~ン!DSCF8813_convert_20140624150050.jpg
 ※ うちの子の頭よりデカイ!

少しホゼッてみる・・・
DSCF8815_convert_20140624150147.jpg

 ・コメが…見えない・・・

さらにホゼッてやっとお米に到着!
DSCF8816_convert_20140624150241.jpg
 ※ ゆえに、ここより上は全てシラスだ!

 食べている間、女将さんとお話ししたが、この店のお薦めは「シラス丼」ではなく、この写真にある女将の親父さんが朝に獲ってくるの料理だそうだ。
DSCF8817_convert_20140624150332.jpg

 ほんでもって、こちらがお薦めのメニューだ。
DSCF8804_convert_20140624145608.jpg

 なかでも「わさびスープ小鍋がうちの十八番」とのことだ。
 
 メニューからも判る様に一人で来る店ではなく、シラス丼も何人かでシェアする方がいいだろう。

 そんなこんなで、私も完食
DSCF8818_convert_20140624150427.jpg

 後半、さすがに飽きてきたが、美味しく頂けた!
 ただ、口の中が磯臭くなったのと、「まだ余裕があるぞ」と店の人にアピール(←意地っ張り)するため、冷たい茶がゆを注文(200円ナリ)したところ、サービスに生クリームがタップリ入った珈琲をつけてくれた。
DSCF8820_convert_20140624150532.jpg

 トータルで2,000円チョットの豪華な朝食となり、自分だけ悪いな~と感じた私は、家に帰る途中こちらの店で
DSCF8836_convert_20140624151104.jpg

もう一つの「」を購入し帰ったのでありました。
DSCF8838_convert_20140624151220.jpg
 ※ 黒アン、白アン、カスタードのこちらはトリプルだ~


 今日の反省「満幸商店は決して一人で行ってはならない!」

手洗洗車

れた!

 先日の雨で汚れた相棒の体を洗ってあげなくっちゃ!
DSC_8789_convert_20140619212923.jpg

 タオルとスポンジ使っていたが、最後は「」で本当の手洗をしてあげた。
 しぶりやからね!

 加えてメッキの手入れも徹底的に行い、トータル2時間半の作業だった。
DSCF8795_convert_20140619213026.jpg
 ※ ホンマに久しぶりやからネ!(ヤッパこの向きがカッコイイR12Cちゃん グラマラスだ!)

 作業が終わって、乾燥を兼ねてひとっり。
IMG_0641_convert_20130310164446.jpg

 コメダ珈琲でマッタリ
IMG_0639_convert_20130310164632.jpg

 くつろいでりました。

雨男はどいつだ!

バイクが治ってから、待ちに待ったツーリング

でも天気がややこしい・・・
降水確率は40パーセントやけど、夕方まで雨雲はやってこない(←ヤフー天気による)。
「行こやないかい!最終の目的地は和歌山の白崎海岸や!」

 11時に近くの道の駅「根来さくらの里(大阪と和歌山の境目にある)」集合
DSCF8773_convert_20140618235740.jpg
 ※ 職場の同僚5人と5台のバイクが集結 バイクの名前が判らず紹介できない・・・

 11時30分
 第一の目的地「丸己食堂」に到着(←30分しか走ってない)
DSCF8787_convert_20140619000144.jpg
 ※ 書入れ時に店の入り口を塞ぐ「営業妨害」だ! 

 注文するのは、勿論「お造り定食
DSCF8777_convert_20140618235959.jpg
 
 こちらが「おしながき
DSCF8776_convert_20140618235858.jpg

 お造り定食 890円って消費税アップでちょっと高くなったかな?と帰って、前に来た時のブログ(2012年10月21日←未だにポチっとでリンクさせることができない・・・)を見たら735円だった。
 これって便乗値上げちゃうの?

 でも、相変わらずのお刺身のボリュームなので、
DSCF8779_convert_20140619000053.jpg

 まだ、リーズナブルだと思う。


 その後、峠を越えて最終目的地の白崎海岸を目指すが、途中、が降り始める。

 「こかろか」思案の末、降っても夕方までは弱い雨なのでとりあえず目的地までは行くことにした。
 「雨雲無かったのにな~」っと天気予報む。

 そんなこんなで白崎海洋公園に到着(途中、稲村の火の館もスルー)
DSCF8789_convert_20140619000239.jpg

 この道の駅は元々「回天」の基地として造られたものらしく、いたるところに人工的な遺構がある。
DSC_0018_convert_20140618235256.jpg

 アップがこちら
DSCF8793_convert_20140619000334.jpg

 入ると車で行き来できるトンネルに繋がる。このトンネルも数年前までは素掘りのトンネルで歴史を感じさせたが、今は強度上の問題か、綺麗に整備され逆にきがくなっている。

 トンネルの外に説明看板を発見
DSC_0028_convert_20140618235350.jpg

 脱出装置はなく、搭乗員の命を犠牲にすることを前提とした人間魚雷の「回天」のことをもっと詳しく知りたかったが、今後、さらなる施設の充実を願うばかりだ。


 この白崎海洋公園は公園全体が石灰岩で囲まれていて、晴れたらさのコントラストが綺麗な場所だけど、雨で残念だ。

 「また、晴れた日にもう一度来よう!」と皆で約束した。

 その時は第一目的を「オリノ」のビッグ海老フライ定食にしよう!

 ほんでもって、帰り道の「紀の川SA」で最後の目的である揚げパンソフトを食す。
DSC_0032_convert_20140618235501.jpg
 ※ 揚げパンらしく写真に撮れない・・・スマフォの限界か?

 アツアツサクサク揚げパンたいソフトクリームが絶妙~にコラボしてる。
 でも、早よ食べなベチャベチャになるで~

 SK君、HO君、KS君、TS君、ありがとう。
 天気の良さそーな日に、また声掛けさせていただきますので、これに懲りずまた御一緒しましょう。

 でも、自分は雨男とはコレッぽっちも思っていない、往生際中年男なのであった。
 

  

 

懐かしさに危く涙しそうになるお店

 職場の同僚に教えてもらった和歌山ラーメンのお店に子供たちと行ってきた。
DSC_0014_convert_20140615131313.jpg

 和歌山ラーメンだけどあるのは大阪府の貝塚市
 和歌山ラーメン 紀一さんだ

 店に入る前にウインドウ越しに何やら気になるものが・・・
DSC_0024_convert_20140615132213.jpg

 サイクロン号やんけ!

 当然店のなかでも直近着席
DSC_0015_convert_20140615131407.jpg

 私は中華そば(特盛)とライス(おかわり自由)を注文
DSC_0021_convert_20140615132009.jpg
 ※ これは失敗。麺3玉でスープがほとんど入っていないため最後の方は団子を食べているようだった。(替え玉がお薦め)

 子供らはスタミナラーメンを注文
DSC_0019_convert_20140615131710.jpg
 ※ ニンニクたっぷり

 あと、どてやきを一品で注文
DSC_0020_convert_20140615131833.jpg

 注文したラーメンを待つ間、店内を見渡すと、まさに昭和真ん中って感じで、写真とりまくり。
DSC_0016_convert_20140615131507.jpg
※ ナメねこもあったし、モロボシダンのウルトラアイ(←わかりますか?)もあった。

 なかでも、私の心はコイツにくぎ付けだ!
DSC_0017_convert_20140615131602.jpg

 1号ライダーマスクベルト

 子供のころ、こいつが欲しくって電柱にしがみ付いた記憶った・・・
 ※ 「変~身 トゥ!」ってホンゴウタケシ(藤岡弘。さん)みたいに本気でなりたかったのだ

 音楽(BGM)もこの時代のものばかりで、なんとも居心地の良い店だ!

 今度は子供抜きで一人こっそり来てみたいと思った。
 子供らには悪いが、昭和の時代にドップリと一人でかりたいし、モノを一つ一つ説明するのが大変なのだ!

 あと、遅れましたが、ラーメンも美味しかったですよ!
 最後にデザート(ゼリー)のサービスもあったしネ

産卵部屋を追加

 今日、朝ランニングが終わり、ニワトリ小屋の追加工事を行うことにした。

 まだ早いが、部屋を造ってやろうと思う。

 先ずとなる部分を作成。
DSC_0013_convert_20140613154813.jpg
 ※ 掃除しやすいよう、取り外しできるはめ込み式とした

 ほんで、仕切り板を入れるレールとなる部分をボンドで張り付ける。
DSC_0019_convert_20140613154925.jpg

 上になる部分にもレールを・・・
DSC_0018_convert_20140613155024.jpg

 ほんでもって仕切り板を入れるとこんな感じ
DSC_0021_convert_20140613155114.jpg
 ※ 端材を使用するので、いろんな色になっている。 

 
 正面のこの部分を・・・
DSC_0023_convert_20140613155201.jpg

 オープンすると・・・
DSC_0024_convert_20140613155247.jpg
 ※ わらでも敷いたらいいかな?
  こんな感じで「卵を毎朝産んでくれてたらいいな~」なんて妄想にふけっていたら・・・
DSC_0015_convert_20140613155346.jpg

 放していたニワトリが先日植えたキュウリのべてしまっていた。

 おんどりゃ なにしてけつかんねん! 焼き鳥にしたろか ォラ!

「走る」ことについて

走ったら治る

 それが私の口癖。

 私は月300キロを目途にランニングをしている。
 
 1回につきだいたい2時間から3時間走るのだが、始めたころは「自分に自信を持ち続けるため」とか「達成感がたまらん」とか思っていたけど、この頃少しうのではないかと感じ始めている。

 走っていると何もかも忘れて「真っ白」になれる瞬間がある。(ランナーズハイなのか?)
 
 これを体感すると日々のなこと、いことがリセットされるように思える。

 加えて食いしん坊の私は、走り終わった後、心おきなく暴食に「る」こともしばしばだ!

 私はストレスをこうして発散しているのだと思うようになってきた。

 
 まあ、何にせよ、「少しの病気ぐらい走ったら治る」と職場や家庭で常々言っているが、残念ながら共感してくれる人はいない・・・

 

ルーフラック装着

 今日、蒸し暑かったけど、思い切って作業を執り行った。

 ジムニーにルーフキャリアラックを取り付けたのだ。
DSC_0017_convert_20140611180418.jpg
 ※ 思ったより簡単だった

 老眼で取り説とニラメッコしながらの1時間半、無事に作業完了と相成りました。

 これで夏休み子供とのキャンプ&車中泊に拍車がかかりそうだ!

晴男はどっちだ?

6日 伊吹山登山に行って来ました。

 登山なんてこれまで経験は無かったが、職場の先輩に「今は一面にが咲いて綺麗で~」と誘われて二つ返事でこの日を迎えた。
 前日が雨で、今日も曇り後雨、降水確率は50パーセント。やめるか?と延期の話をしたが次の日がなかなか決まらないので強行することに。

 朝、6時に出発して9時頃に山麓の駐車場に到着。
DSC_0014_convert_20140607122412.jpg
 ※ 駐車料金500円を郵便ポストに入れるシステムだ。

 駐車場から歩いて2分ほどで登山口に到着。
 そこで入山協力金300円を、またまたポストに入れる。
DSC_0017_convert_20140607122551.jpg
 ※ この地点の標高は220m

 看板に書いてあったが、6キロも歩くんか~と正直思った。

 5合目(標高880m)に到着。
 あたりに花は咲いてなく、頂上付近は完全にの中だ。
 DSC_0033_convert_20140607122651.jpg

 ここではジュースの自販機があったが、コーラ1本が200円と田舎の旅館なみの高さだった。
DSC_0034_convert_20140607122806.jpg

 6合目(990m)を超えて、傾斜がきつくなる。(やっぱり花は咲いてない。)
 先輩(御老体)は、少しきつそうだ。
 「トレーニングがてら、荷物を持ちますよ。」と言うが、やっぱりプライドがあるのか聞いてくれない。
DSC_0044_convert_20140607122927.jpg

 でも、この地点で麓の方にカモシカが走っていくのをみてテンション↑ 野生のカモシカ初めて見た。(写真撮る余裕が無かった・・・)

 で、写真すっ飛ばしますが、頂上(標高1377m)到着。
 結局、登山道にはは咲いてなかった。
 DSC_0065_convert_20140607123135.jpg

 この時、頂上は雲に包まれ、どんよりしていた。
 あたりをさまよっていると、「ヤマトタケルノミコト像」を発見。
 DSC_0076_convert_20140607123205.jpg
 ※ 携帯の自分撮りって難しい・・・(いつもシカメッ面だ)

 二人とも空腹で、山頂の売店で「伊吹ソバ」を注文。
 暖かくておいしかったが写真を撮り忘れている。(←自分はいつもそうだが、食べることに専念してしまう。)

 そばを食べ終え売店を出ると、なんと、なんとが射していた。
DSC_0082_convert_20140607123414.jpg

DSC_0083_convert_20140607123309.jpg

 で、このあたりが、花畑になっているらしく、見頃は7月以降であるが、最近はシカ(さっきのヤツか?)に荒らされて、昔ほどきれいに観れないとのこと(売店のおっちゃん談)。

 花は無いけど、晴れて景色サイコー
 来てよかった、ホントに良かった。

 で、下山し(←展開が早い)、麓で湧水ケカチの水)を頂き、
DSC_0100_convert_20140607123601.jpg

DSC_0098_convert_20140607123508.jpg
 ※ 持ち帰り、翌日、珈琲としていただきました。

 その後、姉川に立ち寄り、「あねがわ温泉」で疲れを流して
DSC_0102_convert_20140607123702.jpg
 ※ なかなかイイ温泉でした。

 帰ったのでしたが、その車内で「今日はホントにいい方向に天気予報が外れたな~」から始まり、「あなた晴男」と言い合う二人であったが・・・

 本当は「自分が晴男」とお互いに腹では思っているのでありました。 

 でも、登山ってなかなか気持ちのいいもんだ。
 先輩あざーす! また、誘ってください。

 

ビッグなカラアゲ!

気になる店が最近できた。

 それは、昨年3月に報告させていただいた、大きなカラアゲのお店「鮮味館」さん
IMG_0545_convert_20130314134853.jpg
 ※鮮味館さんのカラアゲ ゲンコツ大のものが4つある。 

 の隣に、こんな看板が最近立っているのを発見したのだ。
DSC_0007_convert_20140603221016.jpg

 問題部分の拡大 「ドーン
DSC_0004_convert_20140603220840.jpg

 鮮味館さんの隣でこの看板を掲げるとは、勇気あるやんけ~と気になっていたのだ。

 醤丸ラーメンさん
DSC_0005_convert_20140603220927.jpg
 ※ 元々は確かうどん屋さんだったはず・・・ 奥にはゲートタワービルが見える。

 早速注文した、ビッグカラアゲ定食はこんなだった・・・・

 ドーン
DSC_0002_convert_20140603220749.jpg
 ※ 700円ナリ

 カラアゲ食うのに初めてナイフフォーク使ったゼ!
 スーパーで売ってるモモ肉をそのままカラアゲにしていると思うが、それが4つ入っていた。

 スープが付いていて、その横にはカラアゲ専用のタレがあったが、私はをかけて食べたかった(店になかったのが不満)。

 美味しかったが、アツアツのカラアゲでまた口の中を火傷してしまった・・・

  

いきなりの完成

ニワトリ小屋完成
DSC_0025_convert_20140601090810.jpg
 ※ 作業台兼用だ!

 いきなり乱暴な展開だが、写真を撮るのを忘れているというか、いつもそうだけど大工仕事に没頭してしまい、気が付けばできあがていた。

 要は、コンパネを1枚購入しあとは小屋造り等で余った材料と先日交換した網戸の網を使って作成した。
 本当は2階建てにし、産卵部屋を造ってあげようと思っているが、まだその必要はないだろう。

 でも、ヒヨコたちは前に撮影した時
1399460647874[1]_convert_20140507201309

と比べてかなりきくなったでしょう!
DSC_0028_convert_20140601090852.jpg
 ※ 日中は開けっぱなしにして庭で放し飼いだ。

 庭にいるミミズの奪い合いでたまにケンカするがいつも一緒の仲好さんだ!

 でも、気になることが一つ・・・

 それは、一匹(羽?)の頭にトサカのようなものができつつあること
DSC_0031_convert_20140601090923.jpg

 雄鶏は早朝から大声くからうちでは飼えないよ・・・
 どうするか思案中・・・

ニワトリ小屋 作成

  今週は 金土日3連休、でも、これと言った予定はない(少し寂しい)・・・
 てな訳で、ずっとやらねければと思っていた小屋造りを、いよいよ(思い切って)行うことにした。 

 にわとりのヤツをネ・・・
DSC_0019_convert_20140601084522.jpg

 余っていた2×4材で骨組みを造る。
 こんな感じでいいかな・・・

 いつものように設計図なしにとりかかるから、ここからどのようにしていいか浮かんでこない。

 それでさらに余った材料でこんなものを造ってみた。
DSC_0023_convert_20140601084739.jpg

 何をするものか?
 それは先日植えたゴーヤ
DSC_0021_convert_20140601084625.jpg

 ネットを固定するためのものだ(元々、グリーンカーテンが目的)
DSC_0001_convert_20140601084702.jpg
 ※ もっと左右に張ったほうがよさそうだ

 ここまでやって暑さでダウン・・・

 また、明日造るからしてチョーダイ。
 ヒヨコさんには隣にある私の小屋で眠ってもらおう。

プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ