朝倉氏の栄華を今に伝える 一乗谷城

 本来、一乗谷城と言えば朝倉氏館だけと違って、城下町と周囲の4つの山城を含む全てを指すらしいが、朝倉氏館があまりにも有名で私もそこしか行っていない。

唐門
DSC_1774_convert_20130530094342.jpg
 朝倉館の西正門跡に建つ唐門は秀吉が寄進したそうだ。

中の御殿跡から見た朝倉館跡
DSC_1794_convert_20130530151049.jpg

庭園から見た町屋(復元)
DSC_1823_convert_20130530151506.jpg

 本当は山城跡も見に行きたかったが、時間が無く次に訪れると言うことで・・・

越前大野城主を育てた名水 (お清水)

お清水(おしおず)
DSC_1842_convert_20130530143901.jpg

 福井県大野市にある名水
 越前大野城の東麓にある湧水帯の清水のひとつで、城主の飯米を炊く(地元ではカシグ)のに用いられたらしい。
 DSC_1840_convert_20130530093656.jpg

 
 水とともに暮らしている地域の人々の社交場となっているらしく、上流から順番に「水飲み場」、「野菜洗い場」、「洗だく場」が設けられている。
 DSC_1845_convert_20130530144245.jpg

 「だく」って・・・
DSC_1846_convert_20130530144628.jpg

 そう言えば小さいころ「せんだく」って言ってた記憶あるけど、パソコン変換せーへんし、日本語として認められてないの?

2泊3日 名城4・棚田3・名水4を訪問の旅

大学時代の友人(君と君)を訪ねて福井県に行くことになった。
 わざわざ行かんでもっていうくらいの「用事」だったけど、最近はお互いに家庭をもち、中々会うことができなくなっているから少しの機会でも大切にしたいと思っている。
 今回は高校時代の友人君(M君とK君の人の良さで、共通の友人となっている)と一緒にジムニーでもう1日追加し、2泊3日で福井と石川県のいろんなところを見て回る旅に出た。
 欲張りな私のせいで予定通りの希望個所(名城4・棚田3・名水4の)計11か所を訪問する過酷な行程となったが、文句ひとつなく付いてきてくれたI君もかなりのお人好しだ・・・

 それでは訪れた場所を次のとおり発表します。ダラダラダラダラ・・・(効果音「ドラムロール」のつもり)

 まずは名城100選から4か所
1.「一乗谷城
 DSC_1774_convert_20130530094342.jpg
    唐門 ソフトバンクのCMで一躍有名になった場所

2.「丸岡城
 DSC_1860_convert_20130530094817.jpg


3.「金沢城
 DSC_1964_convert_20130530104604.jpg


4.「七尾城
 DSC_2112_convert_20130530103949.jpg


 続いて棚田100選から3か所(すべて石川県です)
1.「奥山田の棚田」(おくやまだのたなだ 津幡町)
 DSCF3538_convert_20130530101147.jpg


2.「大笹波水田」(おおささなみすいでん 富来町)
 DSC_2092_convert_20130530101614.jpg


3.「白米の千米田」(しらよねのせんまいだ 輪島市)
 DSC_2019_convert_20130530102155.jpg
 ちょうど日没前でこんな絶景に巡り合えた
DSC_2036_convert_20130530102655.jpg
 ほかにもいっぱい写真撮ったから、棚田のカテゴリーを覗いてね(近日中にのっけます・・)
 
 
 最後に名水100選から4か所
1.「お清水」(おしおず 福井県大野市)
 DSC_1852_convert_20130529231530.jpg


2.「弘法池の水」(こうぼういけのみず 石川県白山市)
 DSCF3518_convert_20130530100357.jpg

   
3.「古和秀水」(こわしゅうど 石川県輪島市)
 DSCF3576_convert_20130530103141.jpg


4.「御手洗池」(みたらしいけ 石川県七尾市)
 DSCF3591_convert_20130530104931.jpg


 以上の11か所です。

 追加で「」の方ですが、福井県の御当地ものとして
ソースかつ丼」が有名ですよね。

 ソースかつ丼と言えば「ヨーロッパ軒」と思っていたが、M君のお薦め「ふくしん」さん。
 これがウマイ・デカイでとても良かった。(ソースがほんのり甘かった)
IMG_0792_convert_20130530110538.jpg
 フタにカツを乗っけないとご飯が食べられない
IMG_0795_convert_20130530111202.jpg
 ふくしんさん美味かったで~
 でも、店の写真がIphoneで夜に撮ったから写り悪いので、見やすい写真張り付けときます・・・
1021_pc_small[1]
1018_pc_small[1]
1017_pc_small[1]


それと「竹田の油揚げ
  これは同行の君が唯一希望を述べたところで、昨年に秘密のけんみんショーで取り上げられたらしい「谷口屋」(福井県竹田村※現在の坂井市で大正14年に創業した老舗豆腐店さん)ご自慢の『油あげステーキ』を頂きました。
DSCF3507_convert_20130530100046.jpg

 約15センチ四方で厚みは4センチはあろうかというシロモノ・・・
 とても美味しくいただきましたが、10時頃に食べて、その後1日お腹が空くことが無かったくらいボリュミーであった。
 お店も大流行でレストランを併設しているが、1時間以上待ち時間があるそうだ。

 最終日、思いつきで立ち寄ったのが「ゴジラ岩
DSC_2085_convert_20130530105513.jpg

 ゴジラに見える?

 とりあえず私はミニラになってっといた・・・
DSCF3564_convert_20130530105926.jpg


 ・・・っとまあ今回もハードな旅でしたが、何も言わず付き合ってくれた君、忙しい中お家に泊めてくれた君、また、同じように忙しいのに2日目途中まで付き合ってくれた君に感謝です!
 また遊ぼな!!
 まだ福井県の棚田と名水何個か残っとるし、楽しみにしています・・・
  

各100選の詳細写真はそれぞれのカテゴリーで順次アップしますので、是非、見てやってください。

I’m Back

 天気予報でれることを確認し、R12Cで出かけました。
 またもや、深夜出発の日帰り「弾丸ツアー」で行ったのは過去に訪れた3か所
 丸山千米田(三重県熊野市紀和町)
DSC_1729_convert_20130523130102.jpg

 雲海が立ち込め、なかなか良いでしょう! 早朝の特権です!
 今回は、さらに峠を登って記念写真を撮りました(チョット写真が悪いです)。
IMG_0786_convert_20130523130739.jpg


 野中の清水(和歌山県田辺市)
DSCF3475_convert_20130523130327.jpg


 あらぎ島(和歌山県清水町)
DSCF3501_convert_20130523130620.jpg

 ここでも「写りたい病」で心霊写真のようになってしまった・・・


 走行距離450キロの旅ですが、近日中に詳細をアップします!

マンドラゴラ

 今日、近所のスーパーで朝市をしていたので、覗きにいったら面白いものを発見し、思わず買ってしまった。
IMG_0775_convert_20130515110618.jpg

 ちょっと
 子供らに見せたら、ウケまくりで、すぐにマタがかれていた・・・

 昔(私が小学6年の頃)、マンガ「マカロニほうれんそう」で人間の形をし、引き抜くとび声をあげる植物「マンドラゴラ」というものがある・・・っていうのを読んだことを思い出した(35年以上前のこと)
IMG_0777[1]_convert_20130515153345_convert_20130516011312

 こんなやつ
 子供らに話したら、目をのようにして真剣に聴いていたが、本当は叫ぶことはないらしい・・・

無念!! vol.2(詳細)

 薩埵峠と富士川河川敷の桜エビ天日干しが見たいと思ったのは、もうずいぶん前のことで、先日、ニュースで富士山世界遺産となることが確実と聞いてから、思い出したかのように持病の「行きたい病」がうずきだした。
 このような景色が見たかったのである。
 薩埵峠(Iponeからの取り寄せ画像)
IMG_0756_convert_20130514083737.png
 
 歌川広重の東海道53次で有名な場所、今は東海道線、国道1号線、東名高速と交通の大動脈が重なる場所で駿河湾の青と白い富士の雪、また、ミカン畑(甘夏)のオレンジが繰りなす色のコントラストを見たかった。

 富士川 桜エビの天日干し(Iponeからの取り寄せ画像その2)
IMG_0755_convert_20130514083622.png

 富士川の河川敷がピンクに染まる光景が・・・

 それでは私の旅へとまいりまして、チョット寄り道したかったので、岡崎で高速を降りて、下道をひたすら走り、1号線(富士由比バイパス)西倉沢交差点から左に入って少し進むと由比宿との分岐になり、一里塚があった。(案内看板が初めて見つけ、一安心)
逕ア豈泌ョソ縺ィ縺ョ蛻・イ舌↓荳€驥悟。壹′_convert_20130514084758

 急な坂を走ること約1.5キロで駐車場(トイレあり)に到着。
DSCF3349_convert_20130514085212.jpg

 そこから農道を歩くこと約5分で展望台に到着。
 眺めは絶景だ!けど、やはり富士山がおらんと、あかんでしょ!
DSCF3344_convert_20130514094259.jpg

 展望台には説明看板があり、平成17年までは広重の書いた景色と同じだったらしい、もっと早く来ればよかった。
DSCF3347_convert_20130514101802.jpg
 また、写り込んどるやんか~

 富士山はありらめて、富士川に移動することに、その後、帰りに念のためもう一度立ち寄ったが、その姿は見ることができなかった・・・

 移動時間にして約20分ほどであった。
 富士川河口の緑地公園に隣接する目的地に到着。
 辺り一面に何とも言えない良い香りが漂っており、もともと燃費が非常に悪い「ボク」、ご飯が食べたくてたまらなくなった。
DSCF3376_convert_20130514114255.jpg

 漁師のおっちゃんに昼過ぎまでエビは干していることを確認し空腹を満たすことにした。
富士川楽座」 道の駅とショッピングモールが一緒になった施設みたい。
DSCF3387_convert_20130514114616.jpg

 こちらの3階に食堂があり、注文したのはもちろん「桜エビのかき揚げ丼
DSCF3383_convert_20130514200040.jpg

 むっちゃ美味い!サクサクホクホクや~ 塩加減も絶妙や~ 
 この食堂からは富士川富士山が眺められるようで、写真を撮っていると富士の頂上付近が顔を覗かせていた。DSCF3385_convert_20130514200451.jpg
 非常に判りにくいが、ここ

 あわてて残りの丼を食べ、富士川河口に戻る・・・
 でも、結果は・・・・・
DSCF3392_convert_20130514114920.jpg

 × バツ(やっぱり)
 
 しばらく待ったが、昼を過ぎてエビを回収
DSCF3366_convert_20130514201016.jpg

し始めたので、泣く泣く帰ることにした。


 途中で由比魚港に立ち寄り、桜エビのモニュメント前で一枚写真を撮った。
DSCF3394_convert_20130514115137.jpg

 来年、絶対また来るぞ!
 その時はまりにしよう!
 そう誓った一日でした。(もう少し早い時期の方が空気が澄んでていいのかも・・・)


のっぽビル日本一

 本日、近くに行く用事があったので、立ち寄ってみた。
 アベノ ハルカス
IMG_0765_convert_20130514224849.jpg

 やっぱデカイ
 近付いて写真撮ると「フレームアウト
IMG_0769_convert_20130514225148.jpg

 来月に百貨店部分がオープンするが、グランドオープンは来年春になるとのこと、その時点で横浜のランドマークタワー(高さ296m)を抜いて、日本一背の高いビルになるそうな。
(今と高さが変わらないのに使用開始されるまで日本一にならないということか?)
何はともあれ、この部分の高さが・・・
IMG_0772_convert_20130514230105.jpg                   

 300mと言うことだ!※自分撮りって難しいな~

 それにしてもデカイ・・・

無念!!

先日、富士山世界文化遺産登録が確実になったことで、私の旅したい病がうずいていたが、来週に友人を訪ねて福井県と石川県の方面を2泊3日の予定で旅することが決まっており、中々嫁に言いだせずにいた。
 そこで勝手な理屈で「日帰りやったらエエやろ!」ということで、みんなが寝静まった深夜の1時に「チョットバイクで行ってくるわ・・・、夕方には帰るから」と言って出発。 嫁は眠気まなこで「うん」と言ってたような気がする・・・
 
 見たかったのは2か所
 「薩埵(さった)峠」と富士川河川敷の「桜エビの天日干し
 どちらもバックには名峰 富士デンと構えている筈が・・・

DSCF3404_convert_20130514015519.jpg

 薩埵峠
 峠のふもとで東海道線(電車)と国道1号線、東名高速が交差する場所
 「サザエさん」でもおなじみ!


DSCF3392_convert_20130514015753.jpg

 桜エビの天日干し
 一面にえも言えぬ良い香りが漂っていた。すぐにご飯が食べたくなる場所・・・

 「晴れ」の天気予報だったのに・・・
 残念ですが、また来ることを誓った1日でした。

 ※ また、後日、詳しくアップします。とりあえず速報まで・・・

パンツ購入!

 今日、R12Cに乗りマックスフリッツ神戸に行ってパンツを購入しました。
 MFP-1798/ストレッチエアインテークパンツ
DSCF3310_convert_20130502232338.jpg
DSCF3314_convert_20130502232649.jpg

 このパンツ、内側には肌触りのよいメッシュ生地が使われており、前面のチャックをオープンすると・・・
DSCF3313_convert_20130502232900.jpg

 エアインテーク・・・ここから風が取り込まれるのか・・・

 内側のタンクに接触する部分にレザーがあしらわれ、後ろの裾部分には風抜きのハトメが取り付けられているのでした。
DSCF3316_convert_20130502233009.jpg

 これで快適か?
 

昔取った杵柄

 今日は、スラックラインたるものを楽しみました。
 スラックライン…要はベルト状のラインを利用した綱渡りで、専用のラインを先日、通販で購入したものです。
 長さ15m程度のこのようなものを(トラックの荷積み用ロープみたい)・・・
IMG_0726_convert_20130502071116.jpg

 木と木の間に張りある程度のテンションをかける。結構簡単に設定できる!
 あとはバランスをとって渡るのみ
 でも、なかなか難しいもので、初めはうまくスタートしても・・・
IMG_0711_convert_20130502073728.jpg
IMG_0720_convert_20130502072700.jpg 
                 前足が内側向いてるゾ!

 
  すぐにこのように・・・
IMG_0713_convert_20130502074008.jpg
IMG_0721_convert_20130502072925.jpg

 バランスをしてしまう・・・
 でも、でも、私は綱渡りには絶対の自信がある!
IMG_0722_convert_20130502070710.jpg

 何故か?
 それは私が子供たちくらいの歳のころ、木下大サーカスが一世を風靡していた。
 私はピエロにあこがれ、手すりやフェンスを見つけては、綱渡りの真似ごとをしていたのである。
 難なく渡りきることができたおかげで、子供たちから尊敬のまなざしで見られた一日でした。
 
プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ