雪国

鳥取いるに嫁の親戚を訪問ついでに、私は鳥取城の見学をしっかりさせて頂きました。
今日は子どもらのリクエストに応え「蒜山高原」に行ってきました。
地元の人たちからノーマルタイヤで行くのはやめたほうが・・・といわれたけど、これまで蒜山には何度か行ったことがあり、雪で走れない状況に陥ることがなかったため、「大丈夫、大丈夫」っといつも通りお気楽な私・・・
鳥取県から岡山に向けて車を走らせる。
DSCF7115_convert_20130128164816.jpg

全然問題なしと思いきや、トンネルをぬけるとそこは・・・

DSCF7129_convert_20130128165204.jpg

本当の雪国だった。(ラッセル除雪車が走っていた・・)
やっぱり人の言うことは素直に聞かないといけない。
ヒヤヒヤしながら何とか目的地の蒜山高原 「国民休暇村」まで到着

DSCF7142_convert_20130128165900.jpg

一面の銀世界っと言うにはちょっと天気が悪かったか?

何故、休暇村に来たのか?と言えばそれは、裏の芝生が長~いになっており、子どもらがソリを楽しめるから・・・

DSCF7146_convert_20130128170126.jpg

DSCF7147_convert_20130128170325.jpg

ホッテおいても勝手に遊んでいる

その間に私はコツ・コツと・・・・
DSCF7167_convert_20130128170536.jpg


カマクラを作っていたのでした。
(シャベル無しで作るのは大変でした・・・)

「やっぱり下調べは必要!!」  難攻ながらも鳥取城征服!

ちゃんと調べといたら・・・・

 いつものことながら、そう痛感した出来事がありました。
 ちょっと長いけど最後まで読んでネ

鳥取城に行きたい!」

そう思ったのは、どこでかは忘れたけど、「復元中の天球丸城郭」というもので
DSCF7254_convert_20130123174447.jpg
のような写真を見たとき、
変わった石垣もあるねんな~」「ターミネーター生まれそうやん(ちょっと古い?)」と興味を持ったのが始まり・・・

それからだいぶ月日がたち、やっとこの日となりました。
カーナビで「鳥取城跡」と入力し、案内されるがままたどり着いたのがここ、
DSCF7232_convert_20130123174730.jpg

通行止めになっとるやん・・・・

しゃーないから、車を止めて歩いて行くことに・・・
DSCF7231_convert_20130123175046.jpg

こんな看板も途中で出てくるし・・・

冬眠してるからいけるやろ?」と気楽に考え、結構急な坂道を歩くこと約40分。
不安になりだしたころやっと
DSCF7188_convert_20130123181915.jpg

案内看板発見! そこから・・・
DSCF7206_convert_20130124163029.jpg
こんな道をさらに30分程歩いていくと
DSCF7203_convert_20130123181651.jpg

やっとらしい雰囲気が・・・
DSCF7208_convert_20130123182216.jpg

案内看板には「山上ノ城」と書かれていました。

その先には
DSCF7212_convert_20130123182351.jpg


また、通行止め(今度は歩いてもダメなの?・・・・)

でも、興味のほうがってしまい「ごめんなさい行かせて・・・っと」先に進みました。すると・・・

DSCF7219_convert_20130123182541.jpg
(二ノ丸跡)と
DSCF7223_convert_20130123182806.jpg
(本丸跡)

DSCF7226_convert_20130124154356.jpg
(天守櫓跡)

・・・がありましたが、いずれも古臭い石垣で天球丸がないではないか・・・
 それにスタンプが置かれている場所はどこにあるんや~と途方に暮れ、スマホで調べると、鳥取城は山上ノ城という山城に加えて、どうやら山下ノ城という平城があるらしい・・・

ということで一度車に戻ることにしたが、突然の腹痛が私を襲った・・・・

どうやら前の日に食べ過ぎたらしい・・・便意が!
来る途中、トイレなんて無かったし、車に戻るにしても1時間以上歩かなければならず、「と・とても我慢できない・・・」
「申し訳ないがここで用をたそう。鳥取城の土となってくれ・・・」とポケットに入っていたA4の紙(ホテルの領収書)を握りしめ、雪の中に排泄したのでした。
 本当にごめんなさい・・・でも、雪が解けるころには本当にに還っているかも・・・

 汚い話はこれくらいにして、山下ノ城を目指して山を降りることに。
 途中に足を滑らせ転ぶこと3回(1度は滑落しかけました。がけ・・・)
 
 車に到着しさらに坂を降りて、それらしき場所を発見!
 スタンプはここにあったのでした。
DSCF7234_convert_20130124154806.jpg

仁風閣(旧鳥取藩主池田仲博侯爵の別邸 重要文化財)

その敷地から眺めた、近世の城郭跡がこちら
DSCF7237_convert_20130124155356.jpg
(関ヶ原の戦い後から約300年をかけて段階的に整備されたらしい。)

中ノ御門
DSCF7239_convert_20130124155223.jpg
をくぐり、前へ進むと

二ノ丸跡
DSCF7243_convert_20130124155546.jpg
DSCF7244_convert_20130124155746.jpg

(二ノ丸跡の立派な石垣)
 江戸時代には藩主の御殿があり、さらに三階櫓もあったそうである。

DSCF7247_convert_20130124155910.jpg

(三階櫓の石垣)

DSCF7250_convert_20130124160032.jpg

(三階櫓跡から仁風閣を眺める)

さらに進むと待ちに待った天球丸跡の看板が・・・
DSCF7261_convert_20130124160250.jpg
 

でもってこれが私の見たかった「石垣」
DSCF7262_convert_20130124160509.jpg
上からの写真
何やらユンボが数台あり改修工事中らしい
横から見たいな~と下に降りて、ここも通行禁止となっていましたが、チョットお邪魔して・・・写真だけ~っと
DSCF7258_convert_20130124160628.jpg
DSCF7257_convert_20130124160754.jpg

気づけば、ぬかるみで靴が「どろどろ」になっていた・・・・
通行止めもうなずけます
それで最後に発見したのがこの案内看板・・・
DSCF7264_convert_20130124161002.jpg


なんや、こっちからも山頂の城跡に行けたんや。
しかも道とトイレが整備されてるやん・・・

全身泥だらけになりながら、いつものようにタイトルのどおりの反省した私でした。

おしまいおしまい・・・
 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

篠山城(跡)

 行ってきました! 篠山城
DSCF7052_convert_20130110233946.jpg

 兵庫県篠山市北新町にある篠山城。
 別称を桐(きり)ヶ城といい、徳川家康が豊臣氏包囲のため、西国大名20名に天下普請によって築かせたものらしい。

 お堀にはうっすらとが張っていた。
DSCF7102_convert_20130110234222.jpg

 大手門
DSCF7055_convert_20130110234423.jpg
 奥へと
DSCF7056_convert_20130110235753.jpg

 入ると大書院
DSCF7094_convert_20130110234555.jpg

 その奥にあるのが二の丸跡
DSCF7059_convert_20130110234817.jpg

 さらに奥に行くと本丸跡
DSCF7089_convert_20130110234944.jpg

 天守台
DSCF7080_convert_20130110235123.jpg
 
 その石垣には
DSCF7074_convert_20130110235338.jpg

DSCF7075_convert_20130110235556.jpg

 なにやら記号まれていた・・・

長谷の棚田

 大阪府下にある2つの日本棚田百選(千早赤阪村と能勢町)
 その1つが能勢町長谷(ながたに)の棚田。※これで大阪府下の棚田は制覇だ!
 とても大きな大きな棚田である。地域全体が棚田となっているようだ。
DSCF7042_convert_20130108172358.jpg

DSCF7047_convert_20130108172746.jpg

 途中の畔道がっていた・・・
 注意しながら進むが、次第に狭くなり、どこへ行っても「これって私道と違う?」と思うような道ばかり・・・・
DSCF7032_convert_20130108173229.jpg

DSCF7035_convert_20130110203631.jpg

DSCF7031_convert_20130110203832.jpg

 本当にバイクで走ってよいものか少々不安になりながらテッペンまでたどり着くことができた。
DSCF7023_convert_20130110204005.jpg

 この集落の中には、今は珍しくなりつつある茅葺屋根のお家がいたるところに見ることができました。
DSCF7038_convert_20130110204156.jpg

DSCF7036_convert_20130110204344.jpg
 不便でしょうが、こんなお家に住んでみたいな~

初乗り

 DSCF7104_convert_20130108163216.jpg
 年が明けて、別にこれと言ったことはなかったが、なかなか家を空けることができず、今日になってしまった・・・
 今年もしましてなぁ~
 
 今回は、大阪府能勢町にある「長谷の棚田」と兵庫県篠山市の「篠山城跡」を見に行って来ました。
 詳しくは、後日、それぞれのカテゴリーでアップします。

おいしいカキモチ

 年末に作ったカキモチを今日はカットしました。
 IMG_0488_convert_20130103213236.jpg
 干しエビカキモチ・・・はっきり言って作りすぎです。(まだ、白餅のもあるのに・・・・)
 
 IMG_0493_convert_20130103213429.jpg
 体重をかけて切るので、左手が痛くなる・・・てな訳で革手をはめてみました。

 切りながら焼いています。
 IMG_0498_convert_20130103213626.jpg

 どうです! 美味しそうでしょ!

 中にはこんな風に膨らんで・・・・
 IMG_0503_convert_20130103213807.jpg

 「おち●ちん」みたいと子供らも大はしゃぎでした。

Happy New Year !

 我が家では新年を迎えるにあたり、一つの決まりごとがある。

 それは新年を迎える瞬間は、必ず「空中にいる!」ことである。

DSCF6966_convert_20130102213214.jpg

 つまらないことかもしれないが、これは私が20歳のころから、何があっても続けててきた「伝統のある儀式」で、家族もそんな私に何も言わず付き合ってくれている。
 
 今年はドンピシャで写真を撮ろうと、セルフタイマーを10秒前にセットし、午後11時59分50秒を待っていたが、他のことに気をとられ、気づけば59分53秒になっていた!

 あわてて2秒前のセルフモードにセットし直し、家族の元へ駆け出しが振り向
く余裕もなく「ジャンプ!
 
 カメラは向きが変わってしまい、長男(慌ててジャンプしてしまい、少しブルーに・・・)がはみ出てしまっているし、もう無茶苦茶な写真が出来上がりました。
 
 何はともあれ、今年もみんなが飛躍出来るような年でありますように・・・

 
プロフィール

しんのじ

Author:しんのじ
 「私、50にして天命を知らず。」
 彷徨い続けるオヤジのブログです。
 気長にお付き合いください。

カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いらっしゃ~い!
月別アーカイブ